未分類
鉄をもっと身近に

「スタッフが 我が社の商品です。」

長谷川鉄工には、冶具を生み出し、よりよい製品を作るため、創意工夫できる職人がいます。

営業をし、見積を取る人。図面を書く人。材料を切り、部品を準備する人。溶接する人。検査をする人。

一連の工程の一つ一つに、今より、より良くを追究するプロがいます。

人にできて、機械にできないこと。

機械にできて、人にできないこと。

それを吟味し、機械を道具として扱える、人間力を使って鉄骨を製作しております。